いきぺでぃあ

いきぺでぃあ

公務員辞めちゃいました。

公務員辞めちゃいました。

公務員辞めちゃいました。

橋場 栞 

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%9934

公務員の仕事を8ヵ月で辞め、現在インテリアショップで働く橋場栞さんにインタビューしました。若いうちから多くの転職で様々な働き方を経験し、自分にあった働き方を考えるうえで何が大切なのかを伺いました。ハッピーベースで生きていくための哲学は「自分の気持ちの違和感に耳を傾ける」

高校時代

11081426_10204377374490801_5924780962687945358_n

Q.高校生の頃はどんな高校生でしたか?

部活をして、アルバイトして、遊んで勉強して、という普通の生活をしていました。

Q.部活もアルバイトもしていたのですか?

そうです。部活はバトミントン部に入って週5日練習していました。アルバイトは周2・3日のペースで部活の後に会席料理屋さんでやっていました。

Q.結構ハードですね。

そうですね。肉体的には大変でしたが、好きでやっていました。買い物が好きで、自分のほしいものは自分で働いたお金で買いたいという経済的な自立芯が強くて。当時から働くことが好きでした。

Q.高校が嫌だなあとかすごく悩んだこととかってありましたか?

ありましたね。入学して3ヶ月経った頃、夏ぐらいに「高校辞めたいな」って思うようになりました。

Q.どうしてですか?

中学生の時に思い描いていた高校生活と実際の生活とのギャップを感じていて思ったより楽しくなかったからです。元々留学に挑戦してみたかったし、英語が勉強したくて国際科に進んだのに、そこの授業がいわゆる「日本人の英語の勉強」というかしっくりくるものではなかったですね。英語の授業に退屈していました。

Q.英語をすごく勉強したかったってことなのですか?

そうですが、それがそっくりそのまま高校を辞めたかった理由に直結するわけではないです。結局辞めたかった理由はライフスタイル的な理由だったと思います。人間関係も特に問題はなかったですが、何か物足りないと思いました。何が物足りないかとかは分からなかったんですが、もっと楽しい何かが欲しかったのだと思います。

Q.それで、高校はやめたのですか?

辞めませんでした。本当は留学したかったのですが、先生や親に「高校を辞める」と言っても相手にされなくて。実際に辞めた後具体的にどうするのかという明確な答えを見つけられなかったので、結局続けました。

Q.続けるという決断をした頃やその後はどのような感じでしたか?

1年の9月ごろには続けようと決断しました。その後は当初よりも友人関係もどんどん親密になっていって強く「辞めたい」と思うことはなくなりました。

Q.高校を辞める、辞めない問題が高校生の橋場さんにとっては最大の悩みでしたか?

それは進路選択でした。やりたいことがたくさんあって高校2年あたりから悩んでいましたね。

Q.進路の決め手は何だったのですか?

先生に「今の成績なら国公立大に推薦で受験できるよ」という一つの可能性を示してもらえたことですかね。その先生はいくつかの候補校を出してくださって、どこを受験するかはインターネットを使って調べて、実際に赴いて決めました。

Q.先生から提案された学校の中から行きたい大学はどのように選びましたか?

自分が色々なことに興味があるタイプということはわかっていたので「色々なことを勉強できる場所に行こう」とは思っていました。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top