いきぺでぃあ

いきぺでぃあ

インタビュー

Category
2種目でオリンピックに出場したい!スキーをもっとかっこよく!

2種目でオリンピックに出場したい!スキーをもっとかっこよく!

3種類のフリースタイルスキーヤーとして世界で活躍されている高橋佳汰選手にインタビューしました。自分に負けそうになったときや、もっと楽な道もあったときに何を意識しているかを教えていただきました。何度も世界と戦ってきた経験から生まれた哲学は「今やめても何も残らない。過去は振り返らず、粘り強くあきらめない」
博士過程には進まない。大学職員としてオリンピックをサポートする。

博士過程には進まない。大学職員としてオリンピックをサポートする。

大学の職員で主に、オリンピックをサポートする仕事をしている小林優希さんにインタビューをしました。何を基準に仕事を選択し、自分の気持ちをどのように行動に移してきたのかを教えていただきました。自分の気持ちと向き合って生まれた哲学は「将来よりも今を大事にする」
湘南のヨガインストラクター:自分が思うようにやってる

湘南のヨガインストラクター:自分が思うようにやってる

二児のママでありながらも、産後のママ向けのヨガインストラクターとして働く鈴木なお子さんにインタビューをしました。人が自分の特性をどのように活かすべきなのか、柔軟な人生の体験から生まれた哲学は「人生で起こる全ての事を素直に受け入れ消化するべき。」
公務員とは!?出向して見えたこと!

公務員とは!?出向して見えたこと!

公務員でありながら、現在民間企業でも働いている藤井さんにインタビューしました。幅広い世界から自分を見つめ直した中で生まれてきた哲学は「チャャンスがあったら飛びついたほうが良い。」
社会をハッピーにするのが保育

社会をハッピーにするのが保育

保育士として働きながら「保育ドリームプラン・プレゼンテーション」で活動をしている菊地奈津美さんにインタビューをしました。保育を通して人と真剣に向き合っている中で生まれた哲学は「仕事は社会貢献」
公務員辞めちゃいました。

公務員辞めちゃいました。

公務員の仕事を8ヵ月で辞め、現在インテリアショップで働く橋場栞さんにインタビューしました。多くの転職で様々な働き方を経験し、何が大切なのかを教えていただきました。そんな橋場さんのハッピーベースで生きていくための哲学は「自分の気持ちの違和感に耳を傾ける」
世のため人のため、巡り巡って自分のため

世のため人のため、巡り巡って自分のため

病院の医療事務として、日々様々な業務に携わっていらっしゃる内田さんにインタビューをしました。女性が多い職場の中で、男性職員として心がけていらっしゃることや、内田さんのお婆さんから授かった大切な教えなどについて伺いました。そんな内田さんの哲学は、「人のためになることは、できるだけ相手の気持ちをよく考えて行動する」。
やりたければやる、やりたくなければやらない。それでいい。

やりたければやる、やりたくなければやらない。それでいい。

人をファッションとメンタルの両面からプロデュースする、「パーソナルプロデューサー」として活動されている堀口直人さんにインタビューしました。激動の道を歩まれて手にされた哲学は、「変わらないことなんてないし、変わった方が楽しい」
アーティスティックな精神科医

アーティスティックな精神科医

精神科医として、長野県でクリニックを開かれている戸田さんにインタビューしました。彼が患者さんと日頃向き合う中で大切にされている哲学は、「逆転の発想や非常識的な価値観といったものを大切にする」ことでした。
私たちは今、誰かの生きたかった1日を生きている。

私たちは今、誰かの生きたかった1日を生きている。

「生き抜く力」をテーマに、幼児・児童教室で様々なレッスンを行われている金生さんにインタビューしました。彼女が病魔と立ち向かい、2度目の人生を歩み始めて感じた哲学は、「ただ生きているということが素晴らしい、今起きている事すべてに感謝」
Return Top