いきぺでぃあ

太陽のアーティスト ~中野陽介さんのHONKIトーク #2 パート②~




HONKI Universityが湘南ブログランキングに参加しました!
皆さんのクリック数がそのまま投票になります!ぜひポチッと応援お願いします
HONKI Universityを応援する
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ

記事はここから↓↓

HONKIで生きている方たちの生き方を知りたい!
素敵な大人にお話を聞かせていただく「HONKIトーク」

第2回は太陽のアーティスト、中野陽介さん!

良い意味で、最高にぶっ飛んでいる陽介さん。留学のこと、タイでのお仕事のこと、世界一周こと…止まらぬ話題に引き込まれ、あっという間の2時間。

当日の様子レポート、パート②です!!
内容盛りだくさんなので、是非 パート① からご覧ください♪

概要

1.陽介さんってどんな方?

2.自分と向き合う、おえかきワークショップ

3.クイズ

4.世界一周での出会い ~路上ワークの幸福論~

5.まだまだ気になるQ&A

6.おわりに

1.陽介さんってどんな方?

枠に捉われないぶっ飛び陽介さん。
強いて一言でいうなら、「太陽のアーティスト」

(陽介さんFacebookより)

ここに至るライフヒストリーについて、
パート① の記事でまとめてみました。
なんてったって濃いんです…。笑
ぜひ①からチェックしてもらえたら嬉しいです!

2.自分と向き合う、おえかきワークショップ

岡本太郎さんの本に衝撃を受け、人生が変わった陽介さん。

『今日の芸術』を読み終わった後、絵を描きました。
筆も使わず、手で、無我夢中に。
思いをぶつけて最初にできた絵が「顔」なったそうです。

(実際の陽介さんの絵)

鬱々としていたそれまでの自分をその「顔」に重ね、ぐちゃぐちゃだった悪い流れをここで殺し、生まれ変わるんだ!と思えて、物凄くスッキリしたんだとか。

この体験をみんなでやってみよう!とワークショップをしていただきました✨陽介さんにOK頂き、この記事でもシェアさせていただきます!とっても簡単なので、よければご一緒に!

<準備するもの>

・紙
・筆記用具(ペンや鉛筆。筆ペンなど太細がつけられるものだとなお◎)

<やり方>

1)自分の顔を描く
2)顔の上に、自分の嫌なところ・コンプレックスを書く。
 例:あまのじゃく、器用貧乏
3)その紙を力の限り、極限まで握りつぶす(ギュゥゥゥゥ)
4)紙のボールをどこかに投げつける(エイヤー!)
5)ボールを開いてビリビリに破く(これでもかーーー)
6)紙を振りまく(ふぁっしゃーん)

(例)

いかがでしたか??

時間をかけてゆっくりやっても、勢いでさーーっととやっても良いそうです。参加者の方からは、スッキリした!との声多数。私も思いっきり気持ちをぶつけられて、すごく気持ちよかったです!

―――本当は、みんな太陽。でもいつの間にか抑え込まれてしまう。
Creation=創造は、喜びの根源なんですよね。

そう語る陽介さんが感銘を受けた岡本太郎さんも、その岡本太郎さんが影響を受けたピカソも、晩年、作風が子どものころを思わせるものになりました。太郎さんは「3歳~5歳の絵が最高」とも語っているそうです。

大人になるにつれ抑え込んでしまった感情を、「Creation」の力を借りて解放しているような感覚でした。

3.クイズ

ここで突然ですが、WSで創造感度の上がっている皆さんにクイズです!

◇この絵のタイトルはなんでしょう??

ピカソの「アビニヨンの娘」を見て、その大きさに感動し陽介さんが描いたこの作品。みんなでタイトル当てに挑戦しました!

(陽介さんFacebookより)

・きらめく星
・バンバンバン
・魂の風船

…などなど、みんなの回答が個性的で面白い!

―――クイズではあるけど、みなさんが受け取ったものが正解だと思います。

―――ちなみに僕がつけたタイトルは『奇跡の裏側』
ミラクルの裏には偶然じゃない何かがある気がして、それを可視化したかったんですよね。生霊とか、生きるテーマとか、そういう見えないものがうごめいてて、作用しあって、あるときその結果がふっと、“奇跡”として落ちてくる。そんなイメージです。

「目に見えないものを可視化する」は、陽介さんの絵のテーマの1つだそうです。

皆さんにはどう見えましたか??✨

◇この路上ワーカーである女性の月収はいくらでしょう??

「路上ワーカー」とは、陽介さんの造語で、路上で働く人々のこと。

(陽介さんFacebookより)

この女性は、陽介さんが世界一周中に出会った路上ワーカーさん。アルゼンチンのバス停前で週に6日、1個100~120円のハンバーガーを売っています。

クイズの回答では、3万、15万、8万、いろんな予想が出たのですが、答えはなんと…

「40万円」!(手取り)

新卒のサラリーマンより多い月収にビックリです!

旅行中に出会ったたくさんの路上ワーカーの姿に感銘を受け、陽介さんの人生がまた変わっていくのでした。

4.世界一周での出会い ~路上ワークの幸福論~

2016年6月。奥さまと世界一周に出発します!

1年間22か国38都市。
大自然のパワーを感じる島、星空の綺麗な砂漠、人生でもう1度行きたい場所など、たくさん教えてくれました。

でもその中で何より感動したのは、「路上ワーカー」との出会い

「なんでエネルギーに溢れているの!?」
「ナンダこの美しさは!?」

あまりの衝撃は、強烈パンチとして陽介さんを大直撃しました。旅を終えてもなお、いつまでも心に残るほどの衝撃…。その「美しさ」を本として出版されます。

(陽介さんFacebookより)

『路上ワーク幸福論 世界で出会ったしばられない働き方』

世界中で出会った100人以上の路上ワーカーのリアルが、陽介さんの目線で切り取られています。

そして、ご自身も「路上ワーカー」として路上へ

―――自分でも気づかなかった人間力、生命力、生気、自分の中に眠る可能性なんかが、ムクムクと、力強く広がっていくのを感じました。無一文になっても僕は生きていけると知って、自信と勇気が湧いた

陽介さんから感じられるそこはかとない落ち着きは、どんな状況でも何とかなる、と本当の意味で知っているからなのかもしれない、と感じました。

5.まだまだ気になるQ&A

インタビュー形式でお届けします^^

1)「本当はみんな太陽なんだけどね」とは?

太陽は、無条件にエネルギーとパワーを与え続ける存在です。見返りなんて求めずに。赤ちゃんもそうですよね。生命力の塊。もうとにかく発散してる。

あの姿が美しいんですよね。本当の自分のままに生きてる

大人になるといつの間にか、開けなくなってきます。
日によって、人によって、いろいろあるけど、本当はみんな魂は燃えてるんです。

みんながみんな、やりたいことやったり、もともと出来ていたようにパーンと開けたりしたらいいな、というのが僕の芸術のテーマです。

どんな太陽であっても誇っていいはず。

(陽介さんFacebookより『Making the sun 作る太陽』)

2)大人が閉じてく理由は「不安」だと思うんですが、陽介さんがそれを越えられた理由は?

「知る」こと。外に出たことですね。
不安になるのは、知らないから。

海外でいろんな人に出会ったんですが、お金ない人も満天の笑顔だったりして。これもめちゃありだなあって。幸せは十人十色だなと。

僕は無一文でも、ハワイのビーチにいるかのように穏やかに過ごすこと、路上で8万稼ぐこと、体が動かなくなっても稼ぐ方法、、、、たくさん知ってる。

もともと根本は不安だったけど、自分のゼロ(底辺)を知っておいて、ゼロでも楽しめる、という方法を持っておくと不安は軽減する。

1番辛かったLAの時期も、自分は“創ること”でポンと跳ねられたから、右手が動けば「どんな状況でも何とかなる」って思えてます。

(陽介さんFacebookより)

3)「ゼロを知る」って結構なハードル。どう経験する?どうやって乗り越える?

とにかく行動する。やるしかないと思います。動くしか答えはない。

僕にとって、動かないことが最大の失敗で、これまで何回も後悔した。

だから、やった先に失敗はない
やる、動く、行動する。これに尽きますね。

4)コロナ危機に対して、陽介さんはどう立ち向かう?

ロマン・ロランの言葉で、
「太陽のないときに太陽を作るが芸術だ」っていうのがあって、

芸術にはマイナスをプラスに転換する力があると思うんですよね。だから逆に今パワーアップしてるところです。

5)周りの反応が気になってしまう。どうしたら自信を持って自分を出せる?

開き直る!
それをどう受け取るかは十人十色。

絵の捉え方もそうですよね。

自分は自分の太陽として、ただ輝く、居る、在るのみ
どう感じるかは勝手にしてくれ~って^^

僕も最初は気にしてたけど、やってるうちにその気持ちが軽くなってきたし、シンプルになってきました。

(陽介さんFacebookより)

6.おわりに

この会のオープニングとエンディングは、陽介さんの生演奏。2週間前に始めたばかりだというギターで、みんなに弾き語りをしてくれました。めちゃくちゃ初心者でも楽しそうだからやっちゃえ~!の精神が最後の最後まで✨

―――人間力とは必ずしもキレイではない。だけど美しい。そんな豊かな人間力を持つ人はいつもカッコイイ。(『路上ワーク幸福論』p220-222 抜粋)

そう語る陽介さんの優しく穏やかで、ちょっとやそっとじゃ動じないあの雰囲気は、たくさんの出会いと圧倒的な経験値が物語る、あたたかな人間力なんじゃないかなあと感じました。

そんな陽介さんの絵画展が、目黒区美術館で開催されます!コロナの影響で少し延期になっていますが、これまでの作品を一挙に大公開するそうです!

(陽介さんFacebookより)

「太陽」のパワーを感じられるはず✨
最新情報もぜひチェックしてみてください!

<中野陽介さん>
・note:https://note.com/yosukenakano
・Facebook:https://www.facebook.com/yosuke.nakano.58?epa=SEARCH_BOX
・Instagram:https://www.instagram.com/yosukenakano/?hl=ja
・アートサイト:https://www.yosukenakano.com/

盛りだくさんのHONKIトーク。
陽介さん、素敵なお話本当にありがとうございます!!!✨

―――――――――――――――

次回のHONKIトーク第3回は、中川コーチをお招きします!

スポーツクラブで水泳を教えながら、ご自身も世界で活躍するテコンドーのトップアスリート。世界選手権で世界第3位という実力をお持ちです!✨

そんな中川コーチのHONKIトーク、6/14(日)19時からです!

詳細やお申込みは こちら からお願いいたします!^^

■その他のHONKIトーク

①:夢に向かう力 ~白崎祐稀さんのHONKIトーク #1~

②-1:太陽のアーティスト ~中野陽介さんのHONKIトーク #2 パート①~

③:向き合うこと、集中すること。~中川友太さんのHONKIトーク #3~

④:もっと近くで、メディアの力を。~ユルくて真っ直ぐな、加藤啓太さんのHONKIトーク #4~

⑤:生き方から決める。~自然の体現者、藤川雄大さんのHONKIトーク #5~

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top