いきぺでぃあ

いきぺでぃあ

HONKI祭は本当に本気でした!

今年7月7日をもってNPO法人化した記念に、日本を世界をよりHONKIにするために、これまでお世話になった皆様への感謝の気持ちを形にするためのイベント、HONKI祭を開催しました。

100名限定のイベントでしたが、107名もの方にご参加いただきました!

honki-%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%95

 概要

・HONKI祭のテーマ

・灼熱のプログラム

・参加者の皆様へ

・参加者の紹介

 

HONKI祭のテーマ

米澤様が代表の阿波踊り集団「寶船」の皆様、ものまねアスリート芸人のМ高史様、地域密着型のプロアスリートAce栗原様、大学生を中心とした学生、そして日頃からお世話になっている経営者の皆様など、ジャンルを問わず様々な方にご参加いただいたHONKI祭。

HONKIUniversityが大切にしている多様性を実現できているのも、今まで関わってくださったステキすぎる皆様のお力添えがあってのこと…

そんな素敵な方同士を繋げて世界を更にHONKIにしよう!ということが1つのテーマでした。

当日は、経営者とアスリート、パフォーマーとアスリート、学生とミュージシャンが繋がったりと、素敵な繋がりが生まれる瞬間があちこちでありました!

honki-%e7%a5%ad%ef%bc%81%e3%82%a8%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%81%a8%e3%81%af%e3%82%8b%e3%81%8b%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93

honki-%e7%a5%ad%ef%bc%81%e5%ad%a6%e7%94%9f%e3%81%a8%e6%a2%85%e5%8e%9f%e9%81%b8%e6%89%8b

そしてもう一つのテーマがHONKIUniversityの活動の芯ともいえる「ワクワク」をお届けすることでした。

 

大人になるにつれてワクワクすることを忘れてしまう世の中はあまりにも悲しすぎる。

ワクワクすることを忘れてしまった大人を見て子供達はワクワクできるのか!?

子供達がワクワクできない世の中ってどうなんだろう…?

だったら自分達がワクワクして、そのワクワクを連鎖させてしまおう!ということで、様々な仕掛けで参加者の皆様にはワクワクを体感していただきました!

灼熱のプログラム

プロローグから始まり、代表の梅原からの挨拶!と見せかけて

運営スタッフも驚きのサプライズ、英語講師を務めながら英語で歌も歌うミュージシャン、“Kaz”さんによる校歌斉唱。

その歌声で一斉に静まり会場がKazさんワールドに引き込まれました。

 

続いて、ムゲンサービス株式会社 代表取締役の伊藤海様による乾杯の音頭で懇親会に入りました。

honki%e7%a5%ad%ef%bc%81%e6%b5%b7%e3%81%95%e3%82%93

懇親会では多様なジャンルの方々が繋がって大盛り上がりでした。

その後のHONKIUniversityについてのプレゼンを代表の梅原とメンバーの戸田が行い、HONKIUniversityとはどんな団体で何をやっているのか?私たちの言っているHONKIとはどういうことなのか?の紹介をしました。

honki%e7%a5%ad%ef%bc%81%e6%a2%85%e5%8e%9f%e5%85%88%e7%94%9f

続いてFBでもアナウンスがあった豪華景品が当たるゲームをスタート!

コイントスをして表を出し続けた人が勝ち!というゲームです。

任意参加のゲームでしたが、全員に参加していただきました!

景品は、ウエストポーチ、ラッシュ&セームを一つにしたスポーツパック、鎌倉山ラスク、こんぶを一つにしたぐるめパック、エースTシャツ、メダリストを1つのパックにしたガチセットでした!

honki-%e7%a5%ad%ef%bc%81%e3%82%b3%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%b9

ゲームの後は寶船によるパフォーマンス。「踊り出したら命がけ」という合言葉のごとく、熱く激しい阿波踊りで、会場が一つにるってこういうことなんだなー、とHONKIを体感しました。

寶船のパフォーマーの一人、米澤陸様がパフォーマンス中に仰っていた

「ジーンズに穴が空いているとカッコいいと思われるけど、靴下に穴が空いているとダサいと思われる。でも、それは自分達の知っているカッコいいという固定概念があるから。僕たちはそんな固定概念変えてやる!」

「人生は理系や文系で決められるわけ無い!大事なのは隣の人と何を話すか、大切な人とどう過ごすかがじゃないのか?」

という言葉通り、今まで知っていた阿波踊りの概念が覆され、最後の参加型阿波踊りでは100人全員で掛け声をかけながら阿波踊りを踊りました。

honki%e7%a5%ad%ef%bc%81%e5%af%b6%e8%88%b9

「あんなにホンキで何かをやってる人は見たことがなかった、自分も何かを全力でやりたい気持ちになった」「明日から、今この瞬間からどう生きようか考えた」など、30分もなかったパフォーマンスの中で自分の生き方やこれからの人生について考えた方がたくさんいました。

 

灼熱のパフォーマンスの後は集合写真を撮り、Ace栗原様による締めの挨拶。

HONKIUniversityを更にHONKIにしてくれるAce栗原様。

「現実を覆すことができれば実現することができる」

と仰っていました。

やりたいことがあってもやらない理由を探してしまいがちですが、それは本当の気持ちなのか?一般的に正解とされていることが果たして正解なのか?正解を決めつけている世の中が間違いなのではないのか?と、自分の心に問いかけることができるような言葉を送ってくださいました。

honki%e7%a5%ad%ef%bc%81%e3%82%a8%e3%83%bc%e3%82%b9

参加者の皆様へ

平日ということもあり、集まりにくい時間の中ご参加いただきありがとうございました。

 

当日はバタバタしてしまい、スムーズに進めることができなかった中、無事にHONKI祭を終えることができたのは皆様のおかげです。

 

HONKIUniverityができて約2年ですが、今こうして様々なことにトライをしながら活動できている環境や出会いに感謝感謝です。

皆様の一言で考え方が変わり、生き方が変わり、人生が変わった学生もいます。

今回は2時間半という短い間でしたが、その中で新たな繋がりや、何か感じ取っていただけたことがあれば嬉しいです。

感じたこと、ご意見、アドバイス、もっとここをこうしてくれ!など、なんでも結構ですので、アンケートにお答えいただけると幸いです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

アンケート

 

お忙しい中ご参加いただきありがとうございました!

参加者の紹介

今回ご参加いただいた方でHONKIUniversityが運営をしているメディア「いきぺでぃあ」でインタビューを受けてくださった方々のご紹介です!

今回のHONKI祭で乾杯の音頭をしてくださり、HONKIな経営者の伊藤海さん

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

今やっていることは大変だけど、実は成長している。

3人産める世の中を実現し、日本を元気にするHONKIなファイナンシャルプランナーの永尾三奈さん

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3人産める世の中を実現したい。

フリースタイルスキー・モーグルの選手で一児のHONKIな母、新谷奈津美さん

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「ぬるい」っていうその3文字 あ、私のことだって思ったんです。

アジアでただ一人のスキークロスの選手で、平昌オリンピックへの出場をHONKIで目指している梅原玲奈さん

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

やると決めたら100パーセントやる。時間は戻せないので。

「生き抜く力」をテーマに、グレートキッズという幼児・児童教室でHONKIなレッスンを行っている金生展子さん

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

これは二度目の命だ

締めの挨拶でもHONKI祭をHONKIにしてくれた地域密着型のHONKIなプロアスリート、Ace栗原さん

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

見ていれば元気になるような応援したくなるような道標に

立教大学の英語の講師をされていて、HONKIな人生を歩んでいるDevonさん

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

自分らしさが人生の鍵。

~HONKI祭りを応援してくださったHONKIなサポーター様~

(アルファベット順)

 株式会社Abevo様 (超本気で健康的なエナジードリンク ORGANIQ 

 Ace 栗原様   (トライアスロン会で大人気 ACE Tシャツ )

Cheevence様   (トレーニングに欠かせない本気すぎるランニングポーチ )

 Dalfwin様  (海遊びに欠かせない セーム&ラッシュガード )

LIFE BHAG様  (本気で人生を生きるために!ミッションメイキングチケット )

 M高史様  (トレーニング後の回復に! メダリスト!!)

 株式会社PrunZ様  (本気すぎる梅酒 オリジナル炎丸梅酒!!)

鎌倉山ラスク様  (本気すぎる御土産!!いつもHONKIはこれです!)

 神成誠様  (利尻島の本気すぎる昆布!!!本気な昆布!)

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top