いきぺでぃあ

いきぺでぃあ

2018平昌五輪に人生を賭ける!

2018平昌五輪に人生を賭ける!

2018平昌五輪に人生を賭ける!

梅原玲奈

umeharareina-word

アルペンスキーからアジアでただ一人のスキークロス競技に転向し、平昌オリンピックを目指す梅原選手にインタビューしました。
トップアスリートなのに何故本気で勉強してきたのか、現在日本で唯一の世界レベルのスキークロスプレーヤーとして世界で戦うこと、その不安をどのように捉えているのかを聞きました。世界と闘う哲学は、「後ろを向いていても、目をつむっていても、時間は進んでる。」 

中学・高校時代

%e9%ab%98%e6%a0%a1

Q. スキーを始められたのは小学生の時ですか?

そうです。父の影響です。小4の時に、旅行で普通にスキーで遊んで、それで・・・という感じですね。

Q. スキーをやってみた瞬間に「これだ!」ってなりましたか?

全然。ちょっとやって、「すごい、上手!」って言われて。知り合いのスキー少年団に遊びに行ったらみんなかっこいい道具をつけてて。「やだ、かっこいい!」ってなるんです、単純だから。誰でも出られるちびっこ大会に出たら、3番だったんです。6人中ですけど。

Q. 3番は凄いですね!

表彰台に乗ったら単純に嬉しくて、「楽しい、もう一回やりたい」って思いました。どんどん続けていて、気付いたらしっかりやってました。自分でしっかりやりたいと思い始めたのは高校生や大学生になってからですね。スキーを始めた時は、楽しいからやっていました。

Q. 小6のときはもうバリバリだったんですね?

結構速かったですね。全国大会行くような子にはなっていました。

Q. 中学校の時も部活に入られていたんですか?

中学受験の時、スキーの全国大会に出たかったので、休める私立に行こうと思いました。勉強のための受験よりもスポーツのための受験に切り替えました。スポーツに理解がある中高一貫の学校に入りました。私1人のためにスキー部を作ってもらい、冬に学校からいなくなったら「スキー部の活動で」と言っていましたね。

Q. 中高の時代はスキーがっつりな生活だったんですか?

中高は結構がっつりで、中3の春に全日本ジュニアチームに入りました。夏は海外遠征、冬も海外遠征、帰国後ずっと日本で大会があるので、どっぷりずっとスキーで学校も行けませんでした。春や秋に学校にちょっと行くくらいで、冬は全然いませんでした。

Q. 3年間で卒業できたんですか?

できましたね。中学は義務教育なのでできるじゃないですか。高校も私立だったので、日本に帰ってきてとりあえずOK。笑

Q. テストは受けてたんですか?

ちゃんと受けます。点数も高校生の時は、ちゃんと一ケタのところにはいました。

Q. なんでですか笑!?

ちゃんと勉強していたので。学校にいるときにすごい真面目に授業を受けてました。気が散るので家で勉強できないんです。その分授業中にめっちゃ真剣にやったら、テスト勉強を特別にしなくてもいい位に点数が取れて、「やった!作戦勝ち」みたいな。

Q. 高校を辞めてスキーに専念できたらいいのにって思ったことはなかったですか?

それはないですね。父親は文武両道を大事にしていました。スポーツはすごい頭を使います。スポーツだけやってても、頭が悪いとスポーツでも勝てないということを私も思っていました。そんな父親の家庭で育ったので、学校はちゃんと行かなきゃいけないし、テストも受けるならちゃんと受けなきゃいけない。

高校に上がる時に他の高校から誘われもしました。青森や北海道や長野の学校です。でも、その辺の学校って高校生でABCから始めるみたいなところでしたので。。。

Q. バリバリ体育会系の学校ということですよね。

そうですね。午後はずっと部活で、勉強もやってるのかやってないのかわからない、そんなところには私も行きたくないし、父も行かせたくなかったんですよね。自分も困るなと思いました。ケガしたら終わりなんです、スポーツ選手って。「勉強しませんでした→馬鹿です→どうしよう?」ってなるので。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top