いきぺでぃあ

いきぺでぃあ

2018平昌五輪に人生を賭ける!




HONKI Universityが湘南ブログランキングに参加しました!
皆さんのクリック数がそのまま投票になります!ぜひポチッと応援お願いします
HONKI Universityを応援する
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ

記事はここから↓↓

2018平昌五輪に人生を賭ける!

プロスキーヤー

pro

Q. 梅原さんの場合は、迷いなく進んだということですか?

私は大学でもトップ、日本全体でもトップ5くらいには常にいたので、大学3年生の時に就職先が決まっていました。声をかけていただいた秋田の企業にスキーで就職しました。

Q. 会社でも働くことがあったんですか?

その時の私の契約は働かなくて良い、完全なプロでした。国体があるのでそこに向けて選手を集めるんです。

他の県から呼んで、「うちの企業に入ってください」って。国体要員で秋田県に呼ばれました。

Q. 大学卒業後にプロになられたということですか?

一応プロですね。

Q. 「一応プロ」の段階を経た上でプロになるんですか?

一応オリンピック種目のスポーツってアマチュアなんです。今はスポンサーさんから契約金を頂いているので、プロスキーヤーって言えてますがなかなか難しいんです。プロじゃ無い期間もあります。アルバイトだけをしていたり、アルバイトして活動費稼いで、貧乏生活していた時もあるので、その時は完全にプロとは言えないですね。

Q. 今はスポンサーさんがいて、かつかつなバイトはしてないんですか?

していません。2年前にスポンサーさんがついてくださったので、ギリギリの活動費は工面できるようになりました。世界のトップに行くには週5バイトをして、それから練習だと、体力もやった分だけプラスになっていかないんです。練習したら休む時間も必ず取らないと、オーバーワークになるので、成長していかないんです。

Q. 休む暇がないと厳しいですよね。。。

私はやってもそれだけフィジカルが上がっていない。一方他の世界チャピオンは365日スキーのために過ごしています。私は週5日もバイトして片手間にトレーニングをする。そんなの無理に決まっているし、それでメダルを取りたいというのも失礼じゃないですか。

私だったら、「いや、何言ってるの。そんなんじゃ勝てるわけ無いでしょ」って思うし、実際結構難しいと思いました。今は活動費だけギリギリ工面できて、普段の生活を少し質素にすれば活動はできるようになったので、仕事はしていません。平昌が最後かなと思っているので、去年から、あと3年練習だけに集中をしていこうと思っています。

Q. いつ頃スキークロスに転向したんですか?

秋田の企業で2年お世話になっていて、それが終わってもう1年アルペンをやっていました。でも思う様に成績が出なくて。日本のトップ5くらいにいましたが、世界から見たら日本でこの種目でトップ5にいても結構厳しいんですよね。

私が18、19なら別ですが、24歳。引退も考えてた時に、スキークロスの先輩に声をかけられたんです。「アルペンの練習にもなるからやってみなよ」と言われてやってみたら面白くて。すぐに転向しました。

Q. 競技を転向することは大きな決断のように感じられるのですが、スキー界としてはあまりないことなんですか?

日本人ではあまりいません。私も含めて、過剰にアルペンに固執していて、変なプライドがあったと思います。「あと1年必死でやって引退するので、スキークロスとかやらないです!」って感じだったんです。やってみたら、全く出来なかったんですよ。

アルペンで負けたことはなかった先輩に、スキークロスでは全然歯が立たなくて。スキーヤーという大きな枠でみたら、自分は全然レベルが高くないと思って。「もっと上手くなりたい、こんなに大きい世界の中のこんな小さいところにいたんだ」と気づいて、スキークロスを始めました。

引退したくなかったこともあります。プレーヤーとしてスキー業界に携わっていたいという気持ちがありつつも、現実を見ていました。そんな時そういうハッとした出来事がありました。上を目指したいっていう風に。

Q. 結構即決だったんですか?

即決です。寝て起きたら、「あ、やっぱやろ〜」みたいな。

Q. 「スキークロスも結構いけるんじゃない?」という勝機はあったんですか?

やりたい気持ちがあったし、多分いけると思っていました。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top