いきぺでぃあ

いきぺでぃあ

いつも今が1番!生きるほど楽しくなっていく!

いつも今が1番!生きるほど楽しくなっていく!

いつも今が1番!生きれば生きるほど楽しくなっていく!

梅原 咲英

 

書道家武田双雲さんの秘書として常に今が一番楽しいと思いながら生活している梅原咲英さんにインタビューしました。小学生で友達を亡くした時に生まれた周りにポジティブな影響を与えられる人になりたいという人生のゴール、そのための人生の選択やアプローチ、仕事や人生に対する姿勢をお聞きしました。やりたいことにチャレンジしてきた中で生まれた哲学は「選択したことを楽しむ自分でいる。」

高校時代

1933869_145941288302_2839381_n

Q.高校生の頃は、どんな高校生でしたか?

自由な校風だったので、興味があることは色々やりました。留学したり、友達と遊んだり、ボディーボードをしたり、ひたすら好きなことしかやらない高校生でした。留学した時にやりたいことは全てトライしてみるという目標を立てたのが影響した感じです。

Q.なぜ留学しようと思ったんですか?

語学のためというより、違う文化や体験を全く知らない場所に行ってしてみたいという思いが強かったです。

Q.英語は得意だったんですか?

全然得意じゃありませんでした。。。友達とかを作ろうとしても全然通じないし、笑われたりすることもありました。引きこもったりもしたんですけど、それじゃ何しに来たのか分からないし、別に笑われてもいいし、せっかくのチャンスだから今できることはトライして、言語以外で何かあるんじゃないかな?って思ったんです。

Q.何が強みだったんですか?

その時はあまりなくて、とりあえず人に優しくすることくらいはできると思ってそれを徹底しました。チャンスがあれば何でもやって楽しむしかない!と思ってやり続けました。だからそれが物事を判断する基準になったり今の生き方にも繋がっているので、最初は辛かったけど自分と向き合うきっかけになったのでよかったんじゃないかと思います。

Q.言語以外に留学で苦労したことはありますか?

宗教とかですね。チャーチに連れていってもらって「この中に1人だけクリスチャンじゃないやつがいる」とか言われたり。どうしようかと思うことはありました。

Q.実際にはどうしたんですか?

リスペクトしながら自分の愛情を捧げることしかないとその時は思って「心配してくれてありがとう。でもクリスチャンじゃない」とか言ってみて分かち合うことにトライしていたりしました。

Q.分かち合えたんですか?

宗教は分かち合えないこと、変更できないことが分かち合えました。

Q.分かち合えないということを分かち合えた?

はい。すごくリスペクトしているし、勉強していて大好きでした。でも、宗教という一つのものにのめり込んだり、それを誰かに広めようと思ったというより、色々な宗教をもっと学んで自分が一番正しいと思う方を選んでいきたいと思いました。

Q.高校生の頃は進路についてどんなことを考えていましたか?

本当に何がやりたいのか分かりませんでした。分かっていることは、何か貢献できることをやりたいということでした。得意なもの、やりたいことがないのに大学に入るのも微妙と思っていました。

Q.でも進学を選択したんですよね?

根本的に、言語ができていなければ自分が何かをやりたいと思ったときに、自分の選択肢が広がらないかな?と思っていました。また、留学していたことがあったので、自分の言語力をブラッシュアップしてみて、その中で自分のやりたいことが極められたらいいなと思って、とりあえず言語を学ぼうと思って大学に進学しました。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top