いきぺでぃあ

いきぺでぃあ

もう一回自分の人生を味わいたいと思える、それが勝ち組。

もう一回自分の人生を味わいたいと思える、それが勝ち組。

もう一回自分の人生を味わいたいと思える、それが勝ち組。

吉澤朋裕

yoshizawa-word

ポルトガルワインの輸入販売事業を行い、会社を立ち上げ代表取締役も務める吉澤朋裕さんにインタビューしました。商社で働いて気づいた自分のやりたいこと、それを叶えるべく夢に向かって動き出したその時の想い、吉澤さんにとっての仕事や人生の楽しみ方についてお聞きしました。その道のりで生まれた哲学は、「常に最高の瞬間でいること」

高校時代

1

Q.どんな高校生でしたか?

やんちゃ坊主ですね(笑)その頃から目立ちたがり屋で、文化祭の実行委員会を3年間続けました。クラスでは新撰組の劇をやり、バンド活動でも後夜祭のトリをやったり全力で楽しんでましたね。成績はクラスで下の方でした。古典があと1点足りなかったら留年してました(笑)大学受験の時も、当然浪人でした。本当に勉強する気は全くなかったですね(笑)

Q.浪人したんですね。笑

推薦で行こうかなと軽い気持ちで考えていました。でも僕の成績だと専門か短大にしか行けないよと先生に言われて、大学受験は甘くないと実感しました。3年間全力で遊んで、浪人して勉強を頑張って大学に行くような変わった学校でした。

Q.進路については考えていましたか?

小学生の頃から「サラリーマンはやだ」と言っていたみたいです(笑)父親の背中を見て、なりたくないと思っていたんでしょうね。家族がいるからやりたくない仕事をしてでも養わなければならない。それを見て自分のやりたいことやってお金稼げたらいいのになと思っていました。

Q.どうやって卒業後の進路を決めましたか

小学校の先生になりたかったんですが、免許を取れる大学が少なかったので、滑り止めで他学部を考えた時に、法学部が目にとまりました。資格をとれば弁護士や司法書士として独立できる!と思いました。教育学部は全部落ちて、法学部は全部受かったんです。法学部に入って独立する道に惹かれていったので、結果的には良かったのかなと思っています。

Q.進路選択をするとき、何か迷ったり不安になったりしたことはありましたか?

独立というハードルが高かったです。高い能力や人脈、経済の知識がないとダメだろうと漠然と思っていました。どうやったら社長になれるかはわからないので、漠然となりたいと思いつつ不安でした。でも、何とかなるだろうという楽観的な考えの方が大きかったです。

Q.大学はどういう基準で選ばれたのですか?

知名度が高い所を基準に選びました。国立志望で合格もしていたのですが中央大学の法学部にも受かっていたため、「国立を辞退したい、授業料を出してください」と父親に頭を下げました。

Q.あまり勉強されてなかった高校時代から偏差値の高いところに行く道のりは大変じゃなかったですか?

大変でした(笑)浪人時代は1日12時間以上勉強してました。予備校で朝10時から午後9時まで勉強して、その後安いカフェで終電まで勉強する生活でした。父親も一浪していたので、同じ浪人として絶対負けないという想いがありました。。

Q.なんでそんなお父さんに対してライバル意識を持たれてたんですか?

僕は長男で、弟とは違い親父は僕にはすごく厳しかったんです。父親と仲が良くなくて、よく馬鹿にされていたので、絶対見返してやると思ってました。でも、大学が決まった時、父親に「負けたよ。おめでとう。」と言われました。実際すごく応援してくれていたようで、社員の方に「お父さん、君のことすごい褒めてたよ」ってのを聞いた時はすごく嬉しかったです。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top