いきぺでぃあ

いきぺでぃあ

湘南のヨガインストラクター:自分が思うようにやってる

湘南のヨガインストラクター:自分が思うようにやってる

自分が思うようにやってる

鈴木尚子

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%9944

二児のママでありながらも、産後のママ向けのヨガインストラクターとして働く鈴木なお子さんにインタビューをしました。人が自分の特性をどのように活かすべきなのかを教えていただきました。柔軟な人生の体験から生まれた哲学は「人生で起こる全ての事を素直に受け入れ消化するべき。」ブログはこちら

高校時代

10882318_641691069292970_5894246312940400015_n

Q.高校生の時はどのような高校生でしたか?

学校が私立の陸上の強豪校で、それが目的でその高校に行ったので、ほぼ部活しかやっていませんでしたね。お勉強はやらなくていいと思っていたので、部活以外の経験がほぼなく、必然と身体を動かすということ以外への興味が湧かない…というか、それ以外全く考えていない高校生活を送っていました。

Q.陸上をやめようと思ったことはないのですか?

何度もありましたが、私立高校に通わせてくれた親のことを考えたら、絶対に辞められないって思っていました。陸上をやるために、わざわざその高校に行ったのに、辞めたら「じゃあなんで入ったんだ」ってなっちゃう。そういう想いが自分の中にもあったから、口が裂けても言えなかったです。競技は走高跳びをやっていました。

Q.陸上以外で、学校で悩むことや嫌だったことはありますか?

ありました。中学の時は、4クラスしかなくて男女みんな仲良く、みんなが友達でした。でも高校は20クラスぐらいある大きなところで、中学とのギャップがあって、なかなか馴染めなくて楽しくなかったです。部活は、練習がすごくきつくて嫌だったけど、部活の仲間と一緒にいるのはすごく楽しかったです。

Q.高校の時にこんな風なところに行きたいっていう進路はなかったのですか?

なかったですね。本当に部活しかやってなかったので、興味の幅が広がらなかったです。今思えば…。だから、身体を動かすこと=スポーツのインストラクター以外はありませんでした。

Q.スポーツインストラクター専門の学校もいくつかあると思うのですが、それはどうやって選んだのですか?

仲良しの友達がそこに行くって言ったからそこに決めました。今思うと、どれだけ自分の意思がないんだよって話しですよね(笑)お恥ずかしい。

Q.誰にも相談せずに決めたのですか?

相談はしなかったですね。自分が何をしたらいいのか分からなかったから、何を相談すればいいのかも分からなかった、という一言に尽きますが、それがうまく言葉に出せなかったです。とにかく、何も考えていなかったから、何のアクションも起こさなかったのだと思います。今思うと、ちょっともったいないですね…。

Q.専門学校の後の進路については考えなかったのですか?

そのあとのことは考えてなかったですね。バイトもしてなかったし、社会のことを何も知らなかったです。高校生の時は、とにかく「良い記録を出す」「インターハイに行きたい」それしか考えていなかったです。友達と遊んだり、恋愛したりもあったけど、生活の大半が部活だったから、それ以外のことは考える環境になかったです。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top